無料
エロ
動画

官能小説・体験談特集

官能小説のような出会いの経験はありますか?小説のような出来事・出会いすぐそばにもあるかもしれません。何でもありの投稿サイト

ぬるぬる相撲

「このローション使って、ぬるぬる相撲しようぜ!」


タクマがいきなり言い出したので、私とマヤヨはドン引きした。


いくら宅飲みが盛り上がっているからって、
ローションとかぬるぬる相撲とかありえない。


なのに、他の男子二人はノリノリで、身の危険を感じた
私とマヤヨは立ち上がって逃げ出そうとした。


「待てよ。君達が帰ったら、つまんないだろ。」


強い力で手を掴まれて、無理矢理に服を脱がされる。


ブラジャーもはずされて、パンティ一枚になったところで、
体の前面にローションをかけられた。


いそいそと全裸になったタクマが、ちんぽを
勃起させて、私に抱きついてくる。


マヤヨは他の二人の男子に体を押さえつけられて、
強引に私達をみせられていた。


タクマの手が私の体をがっちりと抱きしめて、ローションの
ぬるつきを愉しむように体を上下に動かしている。
勃起しているちんぽの感触がくすぐったくて、私は唇を噛んだ。


「ローションで光ってて、ユリカちゃんの体、
いやらしいよ。乳首もこんなにエロエロ♪」


はしゃいだ口調のタクマが、私の乳首をつまんだ。


ローションでつるんとすべっては、またつままれて、
気持ちよさで声が出そうになる。


「気持ちいいんでしょ。それとも、みんなにみられて、興奮してる?」


耳元でささやかれて、はっと我に返った。


「そんなわけないでしょ!もうやめてよ!」


私がもがくとタクマはますます強い力で私の体を抱き締めて、
パンティの脇から手を入れてきた。


「ユリカちゃんのおまんこ、ぬるぬるだよ?
これでも感じてないって?」


「そんなの・・・ローションでしょ・・・。」


羞恥と屈辱で体がかあっと熱くなる。


「残念でしたぁっ!おまんこにはローション塗ってないから、
このぬるぬるはユリカちゃんの愛液ですぅ!」


タクマが冷やかすようにいいながら、私のおまんこを指でぐりぐりと強くなぞった。


「マヤヨちゃんもユリカちゃんのいやらしい姿みて、興奮してるんじゃないの?」


「や、やだっ・・・お願い・・・許して・・・。」


振り返ると、マヤヨも服を脱がされて、体にローションをたらされていた。


「よそみしてるなんて、余裕だね。そんなにみたいなら、みせてあげるよ。」


タクマはフローリングの床に座り込むと、私の体を後ろから抱きかかえた。
あっという間にパンティを剥ぎ取られて、私も全裸にされてしまう。


足をがばっと大きく開かされて、恥ずかしくて閉じたいのに、
タクマの足で押さえられて、閉じられない。


「おっ・・・ユリカちゃんのおまんこ、ご開帳だな。」


「あっ・・・ユリカ・・・。」


マヤヨとマヤヨに群がっていた二人の男子が、
私のおまんこをじっとみている。


「やだっ・・・恥ずかしい・・・みないでぇ・・・。」


「すごい・・・ひくひくしてるな。」


「愛液があふれてて、ローションよりいやらしく光ってるぞ。」


タクマの指が私のおまんこを左右に開く。


「やっ・・・いやあっ・・・お願いっ・・・やめて・・・。」


私が泣き出してもタクマは許してくれなくて、
みんなの前で私のおまんこをいじり続けた。


「興奮してきた!マヤヨちゃんも気持ちよくしてあげるから、こっちにおいで!」


「ほら、俺の上にのって!」


マヤヨは全裸でローションまみれになって、
二人の男子にサンドされていた。


二人が体を動かすたびに、勃起したちんぽが
体にこすれてくすぐったいらしい。
それとも、おっぱいとおしりが気持ちいいのかも・・・。


「あっ・・・やっ・・・やだぁっ・・・。」


いつもは清純そのもののマヤヨなのに、
甘い声でよがっている。


あっさりとこの状況を受け入れてしまって
いるらしいマヤヨに、私はショックを受けた。


「マヤヨちゃん達も始めちまったことだし、俺達も本格的にヤるかあ。」


タクマが耳元でささやいて、私のおまんこに指をねじこんだ。
乳首も同時にいじられて、気持ちよさでくらくらしてくる。
思い出したように体を撫で回されるのも、ローションがぬるぬるすべって気持ちいい。


「マヤヨちゃん、意外と淫乱だな。フェラチオしながら、
おまんこにちんぽ咥えこんでるよ。」


マヤヨ達の方をみると、本当にマヤヨがフェラチオしながら、
おまんこにちんぽを入れられていた。


「ウソ・・・マヤヨが・・・あんなこと・・・。」


「親友があんなに気持ちよさそうにしてるんだから、
ユリカちゃんも一緒に気持ちよくなろうよ。」


おまんこの上に、タクマの勃起ちんぽがあてがわれた。


私のおまんこは、サオを挟んでいる状態で、タクマが腰を振るたびに、
おまんこの表面がこすれて、ちょっと気持ちいい。


「あー、気持ちいいっ・・・俺、このままでも
イけそうなんだけど、イってもいいかな?」


「やっ・・・いや・・・お願い・・・私も気持ちよくして・・・。」


「素直に、おまんこにちんぽ入れてっていいなよ。」


耳たぶを強く噛まれて、私はタクマにおねだりしてしまった。


「おまんこに・・・ちんぽ・・・入れてっ・・・。」


硬く張りつめたタクマのちんぽがおまんこに入ってくると、
もう何も考えられなくなった。


何度もイって閉じていた目を開けると、マヤヨと
二人の男子がまじまじと私の痴態をみていて。


恥ずかしくてたまらないのに、おまんこは勝手にタクマの
ちんぽをさらにキツく締め付けて、タクマのザーメンを搾り取っていた。


ヤバい・・・こんなの・・・気持ちよすぎるよ・・・。

う〜ん。。なんか最近パッとする人に出会えないんだよね〜。。
出会い系で何人か新しくアドレス交換したりとかしてるんだけど、
なかなか会うとこまでいかないの(´・ェ・`) 。。


まあでも今まで知り合った人とエッチはしてるから、
欲求不満ではないんだけどね(笑)。。


でもやっぱ新しい人とエッチしたいからね(゚ー゚*)☆
ということで今日は、ずっと出会い系サイトで遊んでます☆
今日見てるのは、いつでも即ハメ★出会いNAVI★だよ♪


もしケイコを見つけたら声かけてね(☆∀☆)キラリン

↓私の登録サイト♪メール待ってるょ!!↓

★出会いNAVI★

悪友のローション

いつもつるんでいる悪友が、にやにや
しながら俺にローションをくれた。




「このローション、なかなかいいから使ってみろよ。」


彼女のリサは濡れやすいタイプだったので、今までローションを
使おうなんて考えたことなかったけど、せっかくもらったんだから、
使ってみてもいいかと思った。


汚れてもいいように、ラブホテルに行って、リサの体中に
ローションをたらして、両手で撫で回す。


「くすぐったいよ・・・ぬるぬるしてヘンな感じ・・・。」


最初は、笑っていたリサの息がだんだん荒くなり、顔も赤く上気してくる。


「なんか・・・ヘン・・・体が熱いよ・・・。」


リサの体をよくみると、乳首がビンビンに勃起してて、
おまんこからもびっくりするくらい愛液があふれている。


ローションのボトルの説明をよくみると、
「媚薬成分配合!」としっかり書いてあった。


「このローションがなかなかいい」って、こういう意味か・・・。


体が疼いて辛そうなリサをみながら、
俺はにやりとほくそ笑んだ。


普段、リサは恥ずかしがり屋で、なかなか俺の
思い通りのプレイを許してくれない。


でも、ローションに入っていた媚薬でこんなにメロメロに
なっている今なら、今までできなかったことができるかも。


「リサ・・・どうしてほしいかいってごらん?」


「はっ・・・あっ・・・ち、乳首と・・・ココが
じんじんして熱いの・・・。どうにかしてぇ・・・。」


「ココって、おまんこのこと?じゃあ、乳首とおまんこ、
ぺろぺろ舐めてっていってみて?」


「やだっ・・・恥ずかしいよ・・・。」


リサが抵抗するので、俺は乳首をきゅっとつまんで、いいやすいようにしてやった。


「ほら、いわないと、舐めてあげないよ?」


「・・・ううっ・・・乳首と・・・・お、おまんこ、ぺろぺろ舐めてぇっ・・・。」


リサが恥ずかしそうに真っ赤になりながら、淫語でおねだりした。
俺は興奮を抑えながら、充血している乳首にしゃぶりついて、交互に吸った。
じゅる・・・じゅるるっ・・・口から唾液があふれて、いやらしい音がする。


「はあっ・・・ああっ・・・お、おまんこも・・・お願いっ・・・。」


乳首だけを責められて、さらにおまんこが
疼いてしまったリサが、さらにおねだりしてくる。


「おまんこもたっぷりクンニしてやるよ!」


俺ははりきって、リサの足を大きく開いて、愛液が
洪水のようにあふれているおまんこを舐めた。

わざと音を立てて、愛液をすすりあげながら、舌を乱暴に動かす。


「ひぃんっ!気持ちいいよっ・・・ああんっ・・・イっちゃいそうっ!」


クンニしていると、リサが体をぶるぶると震わせてイってしまった。
リサがこんなにあえいで、自分でイくっていうなんて、初めてだ。


ますます興奮した俺は、ローションと愛液でぐちょぐちょに
なったおまんこに、指を突っ込んでみた。


つるんと奥まで入った俺の指は、リサのおまんこできゅっきゅっと締め付けられる。
感じているせいなのか、いつもより締りがいいみたいだ。


おまんこの中で、指を前後左右に動かすと、リサが
気持ちよさそうに体をよじった。
ローションでたっぷりと濡れているから、多少、乱暴にしても平気らしい。


「気持ちいいっ・・・すごく・・・いいよっ・・・。」


おしりの方までローションが伝っているのをみて、
俺はつんつんとアナルを突いてみた。


いつもだったら、絶対に許してもらえないところだが、
今日の乱れっぷりなら、大丈夫そうだ。


「あっ・・・あんっ・・・そこはダメっ・・・汚いからぁ・・・。」


感じすぎてうっとりとしているリサは、弱々しく抵抗するものの、
断固拒否って態度ではない。


調子にのった俺は、おまんこから指を抜いて、アナルに押し込んでみた。


愛液とローションのぬるつきで、俺の指は
案外カンタンにアナルに入っていく。


「いやあっ・・・ウソ・・・信じられない・・・。」


呆然としているリサのおまんこに、改めて反対の手の中指を挿入する。
おまんことアナルの間の薄い壁越しに指の感触がわかって、かなり興奮した。


交互になるように二本の指をゆっくり出し入れすると、
リサが今まできいたこともないようなハデなあえぎ声をあげる。


「ひぃんっ・・・ああぅんっ・・・あひっ・・・ううっ・・・。」


「そんなにいいの?リサはアナルでも感じるんだな。」


「ちが・・・あんっ・・・あっ・・・ダメ・・・。」


感じすぎて口からよだれをたらしながらも、
リサにはまだ羞恥心が残ってるらしい。


だが、そんなかわいい強がりも、俺が乳首を
吸い上げてやると、すぐにふっとんでしまった。
三箇所責めの快感には、勝てなかったらしい。


「あうっ!イイ・・・イくっ・・・イくのぉっ・・・ううっ・・・。」


イった後のリサはぐったりとなって、
はあはあと深呼吸している。


「もう俺のちんぽ、おまんこに入れてほしいんじゃないの?
ちゃんとおねだりしたら、入れてあげるよ?」


ギンギンに脈打っているちんぽを早くおまんこに
入れたいのをこらえて、淫語でのおねだりを強要してみた。


「え・・・?ううん。今日は・・・もうおなかいっぱい・・・。」


イきすぎたらしいリサは、もう満足してしまったらしく、
俺のちんぽを欲しがらなかった。


当然、俺はそれで治まるはずもなく、強引にリサの
おまんこにちんぽをぶち込んだ。


ちくしょー!じらしすぎた!


ローションはまだ残ってるし、次回は絶対に淫語で挿入をおねだりさせて
やると思いつつ、俺はぐったりとして人形のようになっているリサのおまんこを責め続けた。

マンネリの小道具

結婚して三年、夫婦生活がマンネリ気味なので、
バイブを買って帰った。





「マリが悦ぶものだよ♪」


きれいに包装されたバイブを嬉しそうに受け取ったマリは、
開けてみてバイブだとわかると、恥ずかしそうに顔を赤らめた。


「な、何、考えてるの?こんないやらしいもの・・・。」


マリは初めてフェラチオするときにも、
「そんないやらしいことできない」といっていた。


ぎこちないフェラチオを「気持ちいい!」「最高!」とおだてるうちに、
フェラチオにも慣れたけど、未だに、初めてするプレイには強い抵抗を示す。


「バイブぐらい、みんな使ってるよ?若い子なんてオナニーに使ってるみたいだし。」


「えっ。女の子がオナニーするの?」


マリにとっては、女の子がオナニーするなんて、信じられなかったらしい。

むしろ、マリがオナニー未経験ってことに、俺は驚いた。


「オナニーすると、セックスでも感じやすくなるし、肌がキレイになるんだってよ?」


前半は本当だが、後半は適当だ。

ま、欲求不満でいるよりも、なんとなく、肌によさそうくらいのイメージで。
営業の口の上手さを存分に発揮して、オナニーとバイブの
素晴らしさを力説すること、30分・・・。


信じやすいマリは、すっかり俺のいうことを真に受けて、
オナニーもバイブもいいものだと思うようになった。


「じゃ、バイブ使ってみようか。」


「う、うん・・・。」


マリがどうしてもというので、明かりはベッドサイドのランプだけにした。
ほんのりとした光で照らされた肢体が、逆にいやらしくみえる。


「M字開脚してよ。」


膝の内側に手をかけて大きく開くと、マリは素直にM字開脚した。


「まだあんまり濡れてないみたいだから、ローション使うよ。」


「え?ローションって・・・んっ!」


マリが戸惑っている間に、ローションをおまんこにかけた。
抵抗されると面倒なので、さっきは隠しておいたけど、やっぱり、
バイブを使うなら、ローションも使った方がいいだろう。


「やだっ!何コレ!?ぬるぬるするよぉ・・・。」


「だから、ローションだよ。バイブ入れるときに、痛いと嫌だろ。」


指でおまんこをいじって、わざとローションをくちゅっぴちゃっと鳴らした。
マリの愛液が立てている音じゃないけど、すごく興奮してくる。


「エロい音・・・きこえる?」


指先だけを膣口に挿入して、くちっくちっと大きな音を響かせた。


「やっ・・・やめて・・・恥ずかしい・・・。」


「恥ずかしいから気持ちいいんだよ。マリももっと愉しまなくちゃ・・・。」


膣口から中指を押し込みながら、俺はマリの膝小僧にちゅっとキスした。
感じているらしく、小刻みに震えてるのが愛おしい。


「相変わらず、マリのおまんこは狭いね。」


おまんこの中で指を上下に動かしながらいうと、
マリは目を閉じたまま、首を左右に振った。
淫語をいわれるだけで、たまらなく恥ずかしいらしい。


「クリトリスもいじってあげるよ。」


マリが恥ずかしがるのがわかっていて、俺は敢えて淫語を口にする。
充血して膨らんでいるクリトリスをやさしくいじってやると、マリの体が弓なりになった。


「まだバイブ使ってないのに、イったらダメだよ。」


おまんこに入れる指を二本に増やして、ぐりぐりと中を拡げる。


「やぁっ・・・イきたいっ・・・イきたいのっ・・・。」


切なそうに俺にねだってくるマリがかわいかったので、
ちょっと早いけど手マンからバイブに切り替えることにした。
バイブにコンドームをつけて、先っちょでおまんこを上下になぞる。


「ああっ・・・早く・・・ほし・・・い・・・。」


「マリのおまんこに、バイブ入れてあげるから、
自分でおっぱい揉んで、乳首をいじりなさい。」


俺の命令通り、マリは自分の両手でおっぱいを包んで、指先で乳首を弄んだ。


「ご褒美をあげようね。」


バイブに力をこめて、膣口からぐぐっと押し込むと、
マリは満足そうなため息をついた。


「あぅんっ・・・入って・・・くるぅっ!」


バイブの一番太い部分が入ると、あとはあっさりと根元までおまんこに入った。


「どう?気持ちいい?」


ゆっくりとバイブを出し入れして、おまんこの壁を
こすってやりながら、マリの顔を覗き込む。
快楽でうっとりとした表情のマリは、こくこくと頷くのが精一杯のようだ。


「バイブのスイッチを入れると、もっとすごくなるよ。」


おまんこにバイブを根元まで咥えこませた状態でスイッチを入れると、
マリは体をのけぞらせて、悲鳴じみた嬌声をあげ続けた。


「やだっ・・・ひぃっ・・・いやっ・・・ああっ・・・。」


感じやすいマリには、バイブの振動とくねりは強すぎる刺激だったらしい。
バイブのスイッチを切ると、ぜえぜえと荒い息をしながら、俺の腕を掴んだ。


「もうバイブはイヤ・・・お願いだから・・・。」


マリの痴態をみて興奮していた俺も、我慢の限界だったので、
バイブを抜いて、一気にちんぽを挿入した。
熱くうねっているマリのおまんこが、俺のちんぽを歓迎するように蠢いている。


「あっ・・・タクヤ・・・生ハメしたら、赤ちゃんできちゃうっ!」


「そろそろ作ろうぜ。今日は中出しするからな!」


生ハメの気持ちよさに、あっという間に精液を中出しした俺は、
怒ったマリに「バイブ以下」と叱られた・・・。

おすすめ無料サイト

完全無料確実☆即決セフレ案内所
完全無料人妻性体験
【出会いNAVI】
【恋メール】

秘密のバイブ

バイブをおまんことアナルに入れられながら、
私は必死で授業をしていた。



教育実習生である私が、こんないやらしいことを
しているってバレたら、大変なことになってしまう。
教師になれないどころか、大学も退学になっちゃうかも。


平静を装う私を嘲笑うかのように、おまんことアナルの
バイブは、強弱をつけて振動してる。


バイブの振動が、弱から強になるときの衝撃に、
思わず悲鳴をあげそうになって、唇を噛みしめた。
そんな私の様子をトオル先生が、愉しそうに眺めている。


ジャージのポケットに無造作に突っ込まれた手で、
バイブのリモコンを操作して、私の反応を愉しんでいるのだ。


無精ヒゲに隠されているけど、トオル先生の顔は整っていて、
きちんとした格好をすれば、それなりにイケメンなのに。
どうして、私にこんな酷いことを・・・。


バイブが与え続ける快感で震えていた私の足が、力尽きてがくんとなった。
床に座り込むと、バイブの振動がますます子宮に響いてくる。


「あらら。具合悪いみたいね。お前ら、ちょっと自習なー。」


座りこんだまま動けずにいる私を抱きかかえるようにして、
トオル先生が教室から連れ出した。


男子生徒の冷やかす声や女子生徒の悲鳴じみた叫び声を
遠くにききながら、私は気が緩んで意識を手放してしまった。
目を覚ましたときには、保健室のベッドの上で。
縛られた両手が頭の上でベッドに固定されていて、さらに、全裸だった。
しかも、おまんことアナルにはバイブがハマったまま・・・。


「あ。やっとお目覚め?ちょっといじめすぎちゃったね。」


ベッドに腰かけていたトオル先生が、
のんきそうな口調で声をかけてくる。


「あの・・・これは一体・・・。」


状況がイマイチ飲み込めずにいる私は、
体をよじって、拘束から逃げようとした。


「あんまり暴れると、手首に縛られた痕がつくよ?
SMが趣味だってウワサになるかもね。」

トオル先生は何でもないことみたいにいいながら、バイブのスイッチを入れた。
ヴィイイインと低い音を響かせながら、バイブが振動を始める。


「あまりバイブを長時間使い続けると、デリケートな
粘膜に傷がついてしまうぞ。」


てっきり二人きりだとばかり思っていたのに、白衣を着た保険医のリョウ先生が
ひょっこり顔を出したので、私は思わず、悲鳴をあげた。


「きゃっ!?」


リョウ先生は色白で細いフレームのメガネをかけていて、とてもマジメそうに
みえるのに、私のこんな姿を平然とみつめている。


「そう?じゃ、バイブを抜いて、ちんぽ入れようか。
リョウ先生はおまんことアナル、どっちがいい?」


硬直している私のおまんこから、ずるっとバイブが抜かれる。


「バイブに本気汁がべっとりついてるよ?
ホントはもうちんぽがほしいんでしょ?」


リョウ先生の冷たい手が、私のアナルからバイブを抜き取った。


「俺はアナルを使わせてもらう。」


「リョウ先生ったら、アナルが好きねえ。変態なんだから♪」


トオル先生は愉しげにいいながら、
私の両手の拘束をほどいた。

そのまま私を膝の上に跨らせて、おしりを突き出させる。


「いやっ!・・・そんな・・・ダメですっ・・・。」


私の抵抗も空しく、アナルにずぶずぶと
リョウ先生のちんぽが挿入されてしまった。


「あんまり大きな声出すと、人が来ちゃうよ?」


トオル先生が私の口を片手で押さえながら、
おまんこにちんぽをねじこんでくる。

初めての二穴挿しの衝撃で、私はトオル先生に
しがみついたまま、動けなくなっていた。


「さすがに二穴挿しはキツいね。バイブでしっかり拡げておいたんだけどな。」


「一週間前まで処女だったんだろう?キツくて当たり前だ。」


後ろから両手でおっぱいを揉みながら、
リョウ先生が耳元でつぶやく。
耳の穴に息が吹きかけられているみたいで、ぞくぞくした。


「ずっとヤりまくってるんだけどな。まだ足りないのかもね。」


トオル先生がクリトリスをつまんで、くりくりと指でしごいた。


「ひっ・・・やめてください・・・もうおかしくなっちゃう・・・。」


下半身がじんじんして、痺れるみたいになって、おまんこも
アナルも私の意志とは無関係にちんぽを締め付けてる。


「そろそろなじんだ?動くよ。」


ずりりっとおまんこの中のちんぽが抜かれて、カリ首まで
引き抜いたところで、一気にずんっと奥まで押し込まれた。


「ああっ!・・・はあっ・・・ううっ・・・。」


「今度はこっちだ。」


アナルに入っていたリョウ先生のちんぽがじれったいくらい
ゆっくりと引き抜かれて、またじりじりと奥まで押し込まれる。


「んぅっ・・・あぅっ・・・ああっ・・・。」


「アヤカ先生、気持ちよさそうだね。俺のちんぽと
リョウ先生のちんぽ、どっちが気持ちいい?」


「はあっ・・・どっちも気持ちいいですぅっ・・・。」


どっちかを選んだら、選ばなかった方のちんぽを
抜かれてしまいそうで、私は正直に答えた。


「いい子だね。もっともっとかわいがってあげる。」


二人が激しくピストン運動をはじめたので、
私はもう人間らしい言葉はしゃべれなくなってしまった。


「あひっ・・・いっ・・・ああぅっ・・・うぅっ・・・あんっ!」


こんなにえっちな教育されたら、元の体には戻れないかも・・・。


おすすめ無料サイト

完全無料確実☆即決セフレ案内所
完全無料人妻性体験
【出会いNAVI】
【恋メール】

close