無料
エロ
動画

官能小説・体験談特集

官能小説のような出会いの経験はありますか?小説のような出来事・出会いすぐそばにもあるかもしれません。何でもありの投稿サイト

机の下で・・・

机の下に隠れて、ヒナコ先生のおまんこをクンニしながら、
俺は警備員のおっさんがいなくなるのを待った。


とっくに卒業した高校にわざわざ遊びに来たのは、高校生の
ときから憧れていた国語教師のヒナコ先生に会うためだった。


二年ぶりくらいに会ったのに、ヒナコ先生は相変わらず
かわいいままで、とても年上には思えない。


テスト問題作成期間中だったせいか、職員室には人気がなく、
警備員が来たときに、机の下に隠されたのをいいことに、俺は
ヒナコ先生のストッキングを破いて、パンティを端に寄せて、クンニしはじめた。


警備員の前であえぎ声をこらえているヒナコ先生の様子を
窺いながらも、舌でじっくりと愛液の味を味わうように、丁寧にクンニする。


ようやく警備員がいなくなると、ヒナコ先生は涙目で俺を睨んだ。


俺は悪びれもせず、ヒナコ先生の両足をがっちりと
押さえ込んで、遠慮なくクンニしてやった。


クリトリスをれろれろと舐めていると、ヒナコ先生の
表情が快感に流されて、紅潮してくる。


ちゅっとクリトリスに吸い付いて、口の中で舐めまくったら、
体をびくびくと震わせて、イってしまった。


「あーあ、元生徒におまんこクンニされて、
イっちゃったんだー。とんでもない淫乱教師だよねー。」


俺が言葉責めすると、ヒナコ先生はマジで泣きそうな顔をして、


「お願いだから、もうやめて・・・。」


とささやいた。


もちろん、そんなことでやめるはずもなく、俺のよだれと愛液で
たっぷりと濡れたおまんこに指を入れて手マンした。


くちっくちっといういやらしい音を響かせているおまんこは、
かなり感度がいいらしく、俺の指をおいしそうに締め付けてきた。


逃がさないように片手で足首をつかみながら、
ちょっと乱暴なくらい激しく手マンすると、


「ダメッ!・・・やだっ・・・もうっ・・・。」


ヒナコ先生はまたしてもイってしまった。


「ねえ、もうイきまくりじゃない?元生徒にクンニされてイって、
手マンされてイって、だもんね。ヒナコ先生がいやらしい顔するから、
俺もう勃起しすぎて、ちんぽが痛いんだよね。」


俺は机の下から出ると、勃起したちんぽをヒナコ先生の手で確認させた。


ズボンごしでもヒナコ先生にさわられているという
興奮だけで、すごく気持ちいい。


「ここでヤる?それとも、人がこないところでヤる?」


「ヤるって、ウソでしょ!?ムリよ・・・ダメ・・・。」


「職員室でヤるのも燃えるけど、さっきみたいに途中で邪魔が入ると、
ヒナコ先生が困るよね。俺はいいんだけどさ。でも、早くしないと、ここで襲うよ?」


俺がベルトをはずしながらいうと、ヒナコ先生はもう逃げられないと
観念したのか、俺を空き教室へと連れて行った。
人気のない教室に、机と椅子が並んでいて、黒板と教卓がある。


「コンドームはつけてね。できるだけ早く終わらせて・・・。」


俺は無言でヒナコ先生の両手を教卓につかせると、後ろからスカートを
まくりあげて、ちんぽを挿入しやすいように、さっき破いたストッキングの
裂け目をおしりの上まで拡げた。


わざとじらすようにゆっくりとちんぽを取り出し、
恥ずかしい格好のまま、ヒナコ先生を待たせる。


パンティをつかんで、横によけながら、ちんぽを挿入しようとしたら、
ヒナコ先生が戸惑ったように振り向いた。


「えっ・・・コンドームつけてないよね?」


「コンドームなんか持ち歩いてるわけないじゃん。」


そのまま、強引に ナマでちんぽをおまんこの奥まで一気に
押し込むと、ヒナコ先生は仰け反りながらも、抵抗してきた。


「いやっ・・・ナマでしたら、赤ちゃんできちゃうっ!」


俺はヒナコ先生の口を片手で塞ぎながら、耳元で息を吹き込むように、


「できちゃったら、俺と結婚しよう。あんまり
大きな声出すと、人が来ちゃうよ?」


本気でヒナコ先生と結婚したかったから、俺としては
できちゃった結婚でもよかった。


人が来るといわれて、ヒナコ先生は途端におとなしくなって、
体を硬くしたまま、逆らわなくなった。


両手でヒナコ先生の腰をつかんで、ずんっずんっと、
ゆっくりおまんこの奥にちんぽを打ち付ける。


「んっ・・・くっ・・・。」


唇を噛みしめているらしいヒナコ先生のあえぎ声は本当に
かすかだったけど、誰もいない教室に響いて、すごく興奮した。


ずっとずっと憧れていて、毎晩、オナニーのおかずにしていた
ヒナコ先生と本当にセックスしているんだという感動が俺の射精を
早めようとする。


でも、射精してしまえば、それでセックスが終わってしまうのも
わかっていたから、俺はなるべく射精をガマンしようと必死で耐えた。


ぎりぎりまでちんぽを抜いては、おまんこの最奥まで押し込んでみたり、
すこすこと素早く腰を振ったりしているうちに、ヒナコ先生のあえぎ声も
ちょっとずつ大きくなってきた。


「あんっ・・・ぅんっ・・・はぁっ・・・ああっ・・・。」


「ヒナコ先生っ・・・スカート汚してもいいなら、中出ししないけど、どうする?」


いよいよ射精を堪えきれなくなった俺がきくと、スカートを
汚されたくなかったのか、中出ししてほしかったのか、ヒナコ先生は、


「・・・抜いちゃダメ・・・中出しして・・・。」


と俺にしかきこえないような声で答えた。


ホントは最初から中出しするつもりだった俺は、
子宮まで届くようにおまんこの奥で、思いっきり射精した。

ザーメン集め・・・

ザーメン集め・・・


「三人分のザーメンを集めてきて。」


大学の先輩に命令されて、私はよろよろと部室を出た。

気まぐれなお金持ちのお嬢様のいじめは、だんだん
エスカレートしてきて、最近は性的な屈辱を
強要するものになってきている。


どうやってザーメンを集めようかと困っていたら、
ずっと片思いしていたマサシくんが声をかけてくれた。


「何か悩みでもあるのか?」


やさしくされると、思わず泣いてしまいそうになる。
でも、なんとか堪えて、三人分のザーメンを
集めるように命令されているのを打ち明けた。


「まだいじめられてるのか・・・。助けてあげられなくてごめんな。」


あのお嬢様には誰も逆らえない。
目をつけられてしまった私の運が悪かっただけ・・・。


マサシくんは私を空き教室に連れ込むと、
恥ずかしそうにちんぽを取り出した。


中勃ち状態のちんぽを自分でしごいて、
ザーメンを出そうとしてくれる。
目の前で好きな人がオナニーしているのを
みているうちに、私まで興奮してきてしまった。


「あの・・・何か手伝える?」


「んっ・・・だったら、ミキも一緒にオナニーしてみせて・・・。」


手をパンティの中に入れてみると、
びっくりするくらいおまんこが濡れていた。


指でおまんこのワレメをいじっていると、
私をじっとみていたマサシくんが、


「それじゃみえないよ・・・。パンティ脱いで、
そこの机の上で脚を開いてよくみせて・・・。」


私はいわれるままにパンティを脱いで、
机の上に座って、脚を開いてみせた。


「ミキのおまんこ、すごく濡れてる・・・。俺のちんぽ、
奥まで入れて、ミキのおまんこに俺のザーメン、いっぱい出してやりたい・・・。」


はっ・・・はっ・・・と荒い息を吐きながら、マサシくんが
いやらしいことをいうと、私のおまんこはますます
びちゃびちゃに濡れて、指を動かすたびに、いやらしい音をたてる。


ホントにそうしてくれたらいいのに・・・。


マサシくんのザーメン、おまんこの奥に出してほしいな。


自分でおまんこをいじりながら、マサシくんのオナニーを
みていたら、興奮したマサシくんが射精してしまった。


「はあっ・・・出た・・・。これ・・・どうすればいい?」


手をどろりと汚しているザーメンを持っていたペットボトルに
入れてもらって、私はマサシくんにお礼をいった。


「でも、これじゃ一人分だろ?あと二人分のザーメン、どうやって集めるんだ?」


「わかんないけど・・・これ以上、マサシくんに甘えるわけには・・・。」


「ミキが手伝ってくれれば、あと二回くらい射精できるよ。」


マサシくんが私の手をとって、また勃ちあがって
きているちんぽを握らせた。


「ミキの手でしごいてみて・・・。」


耳元ではあはあいわれると、おまんこがきゅんっと疼いてしまう。
マサシくんの手を重ねられて、緩くしごいているうちに、
手の中でちんぽはみるみる硬く勃起した。


「・・・咥えてくれる?」


切なそうな表情で囁かれて、私はマサシくんの足元に跪いた。
苦い味のする勃起ちんぽを口に含んで、おそるおそる舌を動かしてみる。


「気持ちいいよ・・・すごく・・・いいっ・・・。」


私のフェラ顔を興奮しきった様子で見下ろしていた
マサシくんは、自分で腰を振りはじめた。
だんだんイマラチオになってきて、息をするのが苦しくなる。
でも、なんとかマサシくんのちんぽに歯を
立ててしまわないように堪えた。


「出るよっ・・・もう我慢できないっ・・・。」


口の中に、どくっとマサシくんのザーメンが射精された。
のどをすり抜けてしまいそうなザーメンを手のひらに
吐き出すために、まだ硬いマサシくんのちんぽを口から抜く。

よだれまじりのザーメンをペットボトルに
入れ終わると、私はもう我慢できなくなった。


「ねえ・・・今度は私のおまんこの中に・・・
ザーメン出して・・・。」


さっきオナニーしてたみたいに、机の上で脚を開いて、
濡れたおまんこをみせつけたら、マサシくんが
すぐにちんぽを挿入してくれた。


もう二回もザーメンを射精してるのに、充分に硬くて
大きなちんぽが私のおまんこの壁をこするたびに、
気持ちよさであえぎ声が漏れてしまう。


「マサシくんっ・・・気持ちいいの・・・すごく・・・ああっ。」


「俺もいいよ・・・ミキのおまんこ・・・俺のちんぽから
ザーメン絞りとろうとして、ひくひくしてる・・・。」
マサシくんが腰を振ると、机ががたがた揺れて、なんだかとってもいやらしかった。


「やばいよ・・・もう出そうっ・・・。」


マサシくんが私の体に覆いかぶさって、ぴったりと密着する。
おまんこの奥に、生温かいザーメンが吐き出されて、
気持ちよかったセックスが終わってしまったのがわかった。
もっとマサシくんとセックスしていたかったな・・・。


おまんこに中出ししてもらったザーメンを指で掻き出して、
ペットボトルに入れると、私はよろよろと立ち上がって、パンティをはいた。


「こんなにたくさんのザーメン・・・ありがとう。」


短い時間で三回もザーメンを射精したマサシくんは、
ぐったりと疲れきった様子をしてた。
集めたザーメンをお嬢様のところに持っていったら、全部飲むように
命令されて、私は目をぎゅっと閉じて、冷たくなったザーメンを飲んだ。
ごほごほとむせている私を冷たく見下ろして、お嬢様はせせら笑う。


「それ、三人分のザーメンじゃないでしょ。やり直しね。」


不意をつかれて表情が変わってしまったので、
私のウソは簡単にバレてしまった。

今度こそ、好きでもない男性達から、ザーメンを
集めてこなくてはいけない・・・。
部室を出る私の足どりは、さっきよりも重かった。


出会い探し疲れた方は近所で簡単大人の関係



教室で変態セックス

教室で変態セックス


教卓の中に隠れて、こっそりとケイ先生の
おまんこをクンニしてたら、両足で顔を
思いっきり挟まれた。


若くして大学の助教授を務めているケイ先生に
比べれば、落第寸前の俺なんて、彼氏とも
呼べない存在なのはわかってる。


でも、セックスの時だけは、俺が優位に立てるような気がして、
俺はところかまわずケイ先生の体を求めていた。


そして、それが原因で避けられるようになってしまって、
焦った俺は密かに教卓に隠れて、ケイ先生のおまんこを
クンニしたのだった。


スカートの中は、ケイ先生の甘い香りが
充満していて、むらむらしてくる。


両足を押さえ込んで、舌と唇でどうにかパンティを
掻き分けて、おまんこをクンニしだしたときには、
もうすでにケイ先生のおまんこは濡れていた。


学生達の前で、俺を叩き出すこともできずに、
ケイ先生は俺のクンニに耐えていたけど、
ついにそれ以上クンニできないように、
俺の顔をがっちりと脚で挟んでしまった。

痛い・・・けど、こんなことで負ける俺じゃない。


がんばって舌を伸ばして、ちろちろと動かしていたら、
ケイ先生の脚から力が抜けた。


あんまりしつこくクンニして、人前でイかせてしまうわけにも
いかないので、俺はおまんこから顔をはなして、太ももの途中
までで留められているいやらしいストッキングに包まれた美脚に唇をはわせた。


くすぐったいみたいで、ぴくぴくしてるけど、クンニされる
よりはマシみたいで、ケイ先生の声が普通になる。


ハイヒールを脱がせて、ストッキングの上から足の指を
しゃぶったら、反対の足で顔をぎゅうっと踏まれた。


ケイ先生の足のニオイに興奮した上、踏まれて
悦んでいる俺って、変態かもしんない。
俺のいたずらに耐え切って、講義を終えたケイ先生は、
顔を真っ赤にして、教卓を覗きこんだ。


「こんなことして・・・おしおきされる
覚悟はできてるんでしょうね!?」


怒り狂ったケイ先生に屋上に連れ出された俺は、
裸になるように命令されて、柵に縛りつけられた。
興奮で勃起している俺のちんぽを秋の冷たい風がくすぐっていく。


「ほら、このペン、舐めてたっぷりと濡らしなさい。」


俺がプレゼントした万年筆をしゃぶらされて、
アナルにぐりぐりと押し込まれた。


「ああっ!・・・ごめんなさいっ!俺が悪かったから・・・。」


「ちんぽをがちがちに勃起させたままで、ごめんなさいっていわれてもねえ・・・。」


ケイ先生は目の前でパンティを脱ぐと、俺の口の中に押し込んだ。


「これでもう、大きな声は出せないわね。」


アナルに突っ込まれた万年筆を容赦なく動かされて、
俺はくぐもった悲鳴をあげ続けた。
痛いけどヘンに気持ちよくて、ちんぽが勃起したまま萎えない。


「気持ちいいんでしょう?アナルに異物を入れられてよがっているなんて、
ジュンくんは変態ね・・・。さっきも私の足の指をしゃぶって、悦んでいたんでしょう?」


俺をいじめながら、ケイ先生はうっとりとした顔をしている。


今までのセックスでみたどんな表情よりも色っぽくて、
俺のちんぽは痛いくらいに硬くなった。


「こんなにちんぽを硬くして・・・もうイきたい?」


つつっと指先でサオをなぞられて、俺はこくこくと何度も頷く。


「そう・・・。なら、イかせてあげる。その代わり、私がイくのより
早く射精したら、もうジュンくんとはセックスしないわよ?」


ケイ先生の出した条件に驚いている俺をよそに、俺のちんぽは
ケイ先生のおまんこに包まれて、びくんと脈打った。


さっきのクンニの余韻とは思えないくらい愛液があふれている
ケイ先生のおまんこは、すごく熱くて、俺のちんぽを
ぎゅうぎゅうとしめつけてくる。


俺に抱きつくようにしながら、ケイ先生が愉しそうに笑った。


「ジュンくんのちんぽ、私のおまんこの中で、
すっごく硬くなってる。射精しちゃうんじゃない?」


舌を噛んで射精感を堪えながら、俺は必死で腰を振った。


これっきりでケイ先生とセックスできないなんて、絶対にイヤだ。


「んっ・・・がんばるのね・・・でも、これはどうかしら・・・。」


ケイ先生が、俺のアナルに入れっぱなしになっていた万年筆を動かした。
背筋を快感が走り抜けていって、どうにかなりそうに気持ちいい。


「いいのよ・・・我慢しないで、思いっきり
中出しするといいわ。最後なんだし・・・。」


意識が朦朧としかけていた俺は、耳元で囁かれて、はっと我にかえった。

すぐ近くにあったケイ先生の唇に自分の唇を合わせながら、懸命にちんぽを動かす。


自分で腰を振るたびに、ちんぽをしめつける膣壁の気持ちよさと
アナルに入った万年筆のダブルの快感が俺を襲ったけど、
限界まで射精感を耐えた。


「ケイ先生・・・俺のこと・・・もっといじめて・・・。」


気持ちよさで潤んだ目でケイ先生をみつめながらねだると、
おまんこがぎゅうっとキツくしまった。


「ずるい・・・。そんなのでイかせるなんて・・・。」

一瞬だけ遅れて、俺のちんぽも精液を吐き出していた。
中出しの気持ちよさに、いつまでも精液が止まらない。
ようやく止まった後も、ちんぽが全然萎えてくれなくて、
なかなか拘束された体を解いてもらえなかった。


俺がうっかり口走った言葉通り、ケイ先生は俺のことを
激しくいじめてくれるようになり、普通のセックスでは
満足できない体に調教されつつある。


それでも、ケイ先生とセックスできるならいいかと
思っているあたり、俺ってかなり末期なのかもね。

出会い探し疲れた方は近所で簡単大人の関係



close