無料
エロ
動画

官能小説・体験談特集

官能小説のような出会いの経験はありますか?小説のような出来事・出会いすぐそばにもあるかもしれません。何でもありの投稿サイト

ローションを入浴剤と間違えた私

テーブルの上に、入浴剤のような楕円形の透明な
カプセルがあったので、私は思わず、手に取った。


「それ、使いたいの?」


「うん。いいの?」


入浴剤だと思っていた私は、ススムの質問に素直に頷いた。


「使ってやるから、服、脱げよ。」


お風呂に入るときは確かに服を脱ぐけど、なんでここで?と戸惑った。


「ローション、使いたいんだろ?」


にやりと意地悪そうに笑っているススムは、私にわざと勘違いさせたみたいだ。


「ローションなんだ・・・。やっぱり、使わなくていい・・・。」


「使いたいっていっただろ。」


慌てて前言撤回しても、ススムは強引に私を
ソファーに押し倒してくる。
パンティを抜き取られたところで、私は覚悟を決めた。
ローションを入浴剤と間違えた私も悪いし・・・。


ススムはおとなしくなった私のおまんこに、
ローションのカプセルを挿入した。


ローションのカプセルは、体温で溶けて、
とろとろとおまんこの奥からたれてくる。
まるでローションが自分の愛液みたいで、ちょっと恥ずかしくなった。


「このローションは、おまんこより、アナルに使うとベンリなんだよ。」


おまんこからあふれたローションがアナルまで伝ったのを
確認するように、ススムの指がアナルを撫で回した。
ぐぐっとローションのカプセルがアナルに押し込まれる。


「さすがにおまんこよりは入れづらいな。」


ぐいぐいとローションのカプセルがアナルの中に入ってくる。
異物感が気持ち悪くて、ぶわっと鳥肌が立った。
腸壁で溶かされたカプセルが、突然、ぷつんと弾けた。
ローションがあふれ出して、アナルからにじみ出てくる。


「ひどいよ・・・なんか・・・気持ち悪い・・・。」


普段は排泄にしか使わないアナルをローションで
ぬるぬるにされて、すぐにでも洗いたい気持ちでいっぱいになる。


「ローションで濡らさないと、指を入れられないだろ。」


ススムの中指がローションのすべりをかりて、ゆっくりとアナルに入ってきた。
とんでもない異物感に、体が勝手にぶるぶると震える。


「いや・・・やめて・・・お願いだから・・・。」


私が懇願すると、ようやくススムの指はじりじりと抜かれていった。


あれ・・・なんか・・・ヘンな感じ・・・?


そのまま、出て行くものだと思っていたススムの指は、
ギリギリのところまで抜かれると、また奥に入ってくる。


「やだっ・・・抜いてよぉっ・・・。」


私の叫びを無視して、ススムは私のアナルの中の指を動かし続ける。
にゅちっにゅちっという音が響いて、頭がだんだんぼんやりしてきた。


私・・・アナルをいじられて、感じちゃってる!?


最初はあんなに気持ち悪かったのに、慣れてくるにつれて、
アナルの中で指を動かされるのが、気持ちよくなってきてしまった。


ちょっと排泄のときの快感にも似た奇妙な感じの気持ちよさで、
恥ずかしいけど興奮してくる。


「アナルでも感じられるようになってきたみたいだな。」


ススムは指を二本に増やして、さらに私のアナルを拡げるように、
ぐりぐりと動かしてきて。


時々、気を逸らさせるようにクリトリスとかおまんこを
いじってくるのがまた気持ちよくて、私はすっかりされるがまま・・・。


「もっと気持ちよくなれるおもちゃがあるんだ。」


丸い玉が繋がったおもちゃを取り出すと、ススムはそれをおまんこに
押し込んで、ローションと愛液でどろどろにした後、アナルにねじこんだ。


おまんこから一つ玉を取り出しては、そのままアナルに押し込んで、
おまんこからアナルに玉が移動するたびに、下半身が痺れるように
じんじんして、私はあられもなくあえぎ続けた。


最後の玉がおまんこからアナルに移動すると、今度は一つずつ
ゆっくりと、じれったいくらいゆっくりと玉を抜かれて・・・。


アナルのすぼまりのところを玉が通り抜けるたびに、
ぞくっとする快感が走って、気持ちよくてたまらなかった。


ススムは私のアナルに何度も玉を出し入れして、すっかり私の
アナルをほぐすと、今度はバイブをハメてきた。


細いバイブがアナルをいっぱいにしてて、中でうねうね
くねっているのが、すごく気持ちいい。


もしかして、このままアナルセックスしちゃうのかなと思ったら、
ススムはアナルにバイブを入れたまま、おまんこにちんぽを入れてきた。
信じられないくらい気持ちよくて、ちかちかと白い火花が飛んでいるような気がしてくる。


「ああっ・・・あーっ・・・あひっ・・・やだっ・・・あうんっ・・・イくぅっ・・・イくのっ!」


ススムにしがみついて、あえぎ続けていると、ススムが耳元で、


「次はアナルセックスするからな。」


とささやいてきた。


バイブでこんなに気持ちいいんだから、きっと
アナルセックスはもっと気持ちいいんだろうな。


そう思うと、おまんこが期待でひくひくと収縮して、
ススムのちんぽを射精へと追いやった。


イきまくっていた私は、足ががくがくして立てなくなって、お風呂まで
お姫様抱っこで連れて行ってもらって、ローションをきれいに洗われた。
最初はちょっと怖かったけど、後でこんなに優しくしてもらえるなら、けっこういいかも。
なんだかんだで、すごく気持ちよかったし・・・。

アナル好き淫乱奥様

同窓会で20年ぶりに会ったアヤカは、アナルセックス
好きの淫乱な人妻になっていた。






清楚な美少女だった小学生の面影はほとんど
残っていなくて、たわわな巨乳と人懐っこい笑顔が男達を悩殺している。


うちに横たわっているトドのような妻とは、
とても同じ生物だと思えない。


男達に囲まれていたアヤカは、俺に気づくと、
眩いばかりの笑顔を浮かべて近づいてきた。


「マサシくんでしょ!ずっと会いたかったのよ。
私の初恋の人だったんだもの。」


アヤカにそういわれて、俺は今の自分の姿が情けなくなった。


小学生の時の俺はそこそこ目立つ存在
だったのに、今ではただの中年オヤジだ。


俺にこっそり携帯番号とアドレスを書いたメモを
握らせると、アヤカはまた男達のところに戻っていった。


同窓会では気後れして、あまり話せなかったが、せっかく
携帯のアドレスをもらったので、後日メールしてみた。
もしかしたら、っていう期待がなかったとはいえない。
でも、まさか本当にアヤカとダブル不倫できるとは思わなかった。


一流ホテルのティールームで待ち合わせした俺達は、そのまま、
そのホテルの部屋へと場所を移した。
アヤカが部屋を取っておいてくれたのだ。


抱き合って、細い腰に両手をまわして、ゆっくりキスすると、うっとりする
ようないい香りが俺を包み込んで、天国にいるような幸せな気分になった。
激しく舌を絡ませ合って、ベッドに倒れ込むと、アヤカが笑いながら、俺を止めた。


「待って・・・服がしわになっちゃう。」


アヤカが立ち上がって、ストリップするように服を脱いでいくのを
真剣にみていると、下着姿になったアヤカがいたずらっぽく微笑みながら、


「マサシくんも服を脱いで。」


俺に背を向けた。
スーツがしわになると困るのは俺も一緒だったので、
服を脱いでハンガーにかけた。


トランクスに靴下という格好になったところで、全裸のアヤカが
抱きついてきて、巨乳の感触が俺の胸にむにゅむにゅと押し当てられた。


「私ね、すっかり淫乱な女に調教されちゃったのよ。」


妖艶な表情で俺をみつめているアヤカは、トランクスの上から俺の
勃起ちんぽをやさしくさすっていて、確かに淫乱なのかもしれないと思わせた。


「マサシくんは奥様とアナルセックスしたことある?」


勃起ちんぽの形をなぞるようにこすられながら、
とんでもない質問をされて、俺はとまどった。
妻とアナルセックスするなんて、考えたこともない。


「アナルセックス?普通のセックスでさえ、最近じゃ面倒くさいのに。」


俺が答えるとアヤカは淫らに舌なめずりしながら、俺のトランクスを脱がせた。


「こんなにステキなおちんぽを持っているのに、
セックスしないなんてもったいない・・・。」


アヤカは俺の足元に跪いて、先走りをたらしている
勃起ちんぽをぺろりぺろりとフェラチオしはじめた。


なんだこりゃ・・・まるで風俗嬢のようなすごい
フェラチオテクニックに、俺は一瞬で骨抜きにされた。


アヤカをこんな風に調教したダンナっていうのは、どんな男なんだろう。
たっぷりとフェラチオで気持ちよくしてもらった俺は、
ベッドの上でM字開脚したアヤカの姿にまた驚かされた。


愛液で濡れたおまんこには、ピアスがつけられていて、
アナルには小型のアナルプラグがはめられている。


「おまんこにピアスをするとね、すごーく感じやすくなるのよ。
いつでもアナルセックスできるように、いつもアナルプラグをハメられているの。」


アヤカは自分の手で、アナルプラグを抜いてみせた。
ぱくぅっとアナルが開いて、くにゅくにゅと蠢いた。
小さなチューブに入ったローションをアナルに注入したアヤカが、
潤んだ瞳で俺を見上げる。


「アナルセックス、試してみて?きっとマサシくんも気に入ってくれると思うわ。」


ローションでいやらしく光っているアナルよりも、正直にいうとおまんこに
入れたかったのだが、ピアスが気になって、結局、いわれるままにアナルに亀頭をあてがった。


ぐっと力をこめて押し込むと、意外にスムーズにアナルの
中にちんぽが吸い込まれていく。
ちんぽが全部入ったときには、アナル独特の感触にため息が出た。
しまりと密着感がハンパねえ。


ちんぽの付け根が括約筋でキツくしめつけられていて、
おまんこでセックスするより長持ちしそうだ。


「動いて・・・マサシくんのちんぽで、思いっきり私のアナルをかき回して!」


俺は夢中になって、腰を振り、アヤカのアナルをちんぽで責めた。
ひっきりなしにあえぎ声をあげて乱れるアヤカの姿態が俺を興奮させ、
ますます俺のちんぽを硬くする。


アヤカのアナルに中出ししたときには、あまりの気持ちよさにちかちかと
眩暈がするくらいだった。


まるで意志をもって俺の精液を搾り取ろうとするようなアヤカのアナルは、
俺のちんぽを萎えさせずに、そのまま抜かず二発に突入してしまった。
アヤカとのアナルセックスはすばらしく、俺をすっかり虜にした。
ああ、この女を手に入れるためなら、俺はなんでもする・・・。
アヤカの目的が俺の会社の機密情報だと知ったときには、もう何もかもが遅かった。
俺を利用するだけ利用すると、アヤカはあっさりと俺を捨てた。


一度、アナルセックスのすばらしさを知ってしまったら、
妻のおまんこなんか使う気にもなれない。
俺はアヤカとのアナルセックスを思い出しながら、ひたすらオナニーに励んだ。

いきなりアナル

会ってすぐに、サトシはアナルセックスをはじめた。


久しぶりに会う恋人に対して、それはひどいんじゃないって、
頭では怒っているのに、体は素直に悦んでしまっている。






サトシのいいつけ通り、オナニーで毎晩アナルを
ほぐしていたから、久々のアナルセックスでも痛くない。


むしろ、ようやくサトシのちんぽをアナルに
入れられた悦びで、体が震えてる。


アナルをめいっぱい押し広げているサトシのちんぽは、
硬くて太くて、すごくたくましい。


奥までずっぷりと入ったまま、動いてくれないのに、
私の腸壁はぴくぴく蠢きながら、快感を貪っている。


サトシの指がクリトリスやおまんこを弄ぶように
なでるだけで、あえぎ声をガマンできない。


サトシとセックスするまで、不感症じゃないかって思ってたのが、
ウソみたいに感じまくってしまう。


「アヤカ・・・気持ちいい?」


後ろから私を抱きしめながら、サトシが耳元でささやく。
いつもこのセクシーな低い声に命令されながら、テレフォンセックスしてたから、
おまんこが勝手にさらに強い快感を期待して、よだれをたらしはじめた。


「気持ちいいっ!・・・やっとサトシとセックスできた・・・。」


私がつぶやくと、アナルの中のサトシのちんぽがどくんと脈打った。
腸壁が連動して、ぴくんとひくつく。


「アヤカのおっぱいもおまんこも、アナルも俺に会えて悦んでるみたいだね。」


耳元でささやかれながら、ゆっくりとおっぱいを両手で揉まれたり、
おまんこを指でなぞられたり、アナルの中のちんぽをゆっくりと
出し入れされると、立っているのがつらいほど感じてしまう。


「ねえ、お願い・・・。ベッドに行かせてぇ・・・。」


強烈な快感で、太ももががくがく震えていて、これ以上は
耐えられそうもなかったので、私は恥ずかしさを堪えて、おねだりした。


「いいよ。じゃ、抱っこしてあげようね。」


サトシは私の両膝に手を差し込んで持ち上げ、
まるで子供に放尿させるような体勢で歩き出した。
歩くたびに、振動がずんずんとアナルの奥へと響く。


ベッドに着く頃には、体に力が入らなくなるくらい、ぐったりしていた。
私が感じすぎてメロメロになっているのに、サトシときたら、
全然余裕そうで、ベッドに座ったまま、私のおまんこを指でいじりはじめた。


脚が大きく開かれているから、正面にある姿見に、私のいやらしい
姿態がはっきりと映っている。

アナルをサトシのちんぽで貫かれたまま、だらしなくよだれをたらして
サトシに体を預け、おまんこに指を咥え込まされて、あえいでいる姿が・・・。


サトシの指が動くたびに、ちゅぶっ・・・ずぶっ・・・ぬぷんっ・・・くちゅっと
いやらしい音が響いて、私の体は羞恥で熱くなる。


「ずっとガマンしてたご褒美にイかせてあげるね。」


サトシは私のおまんこに指を二本入れて、おまんこの中で細かく震わせ始めた。
そして、充血したクリトリスを反対の手でこねるようにいじって、乳首に軽く歯を当てた。
体に電流が流れるような衝撃が走って、私はイってしまった。
痙攣するように体が震えて、おまんこの中にある指を膣壁が何度も締め付けた。


「イった?」


耳元でささやかれて、またぞくっとしながら、私はこくりと頷いた。


「俺にちんぽが二本あれば、おまんこもアナルも同時にかわいがってあげられるのにねえ。」


おまんこからゆっくり指を抜いて、どろっとした白い愛液がついた指を
舐めながら、サトシは楽しそうにつぶやく。


自分の愛液を舐められている恥ずかしさとおまんことアナルを同時に
責められているところを想像してしまったことで、私のおまんことアナルは
ますます疼いて、熱くなってしまった。


「今度さ、3Pでもしてみる?そしたら、おまんことアナルにちんぽ入れてあげられるよ。」


ここで頷いたら、サトシは本気で3Pの相手を連れてきてしまうので、
私は必死で首を横に振った。


「いらないっ!サトシのちんぽじゃなきゃ、イヤ・・・。」


「そんなかわいいこというと、ガマンできなくなるよ?
アナルセックスとおまんこでするセックス、どっちが好き?」


「・・・アナルセックスの方が好き。」


普通のセックスより、アナルセックスの方が好きだなんて、
恥ずかしくて誰にもいえないけど、一度アナルセックスの快感を
知ってしまうと、おまんこでするセックスだけでは物足りなくなってしまった。


「いいこだね。俺もアヤカとするアナルセックス、大好きだよ。」


サトシは私のアナルからちんぽを抜くと、私をよつんばいにさせた。
ようやく本格的なアナルセックスをしてもらえる期待と興奮で、
私のアナルはぱくぱくと蠢いた。


「いくよ?」


亀頭がアナルにくっついたと思ったら、一気に根元まで挿入された。
あまりの衝撃に、体が仰け反ってしまう。
快感がじーんと体中に広がって、自然に腰が揺らめいて、
自分から快感を引き出そうとしている。
サトシは両手で私の腰をがっちりとつかんで、ずんずんと容赦なく突いた。
乱暴なくらいのその動きがたまらなく気持ちよくて、私はひっきりなしにあえぎ続けた。


頭が白くなっていく。
体がふわふわと浮いていくような気がする。
気持ちよさで意識が遠のきかけた頃、サトシが
アナルからちんぽを抜いて、私のおしりに熱い精液を射精した。
もうサトシとのアナルセックスじゃないと満足できない・・・。
私は何度も絶頂を味わった満足感に包まれながら、眠りに落ちていった。

AVナンバーワン・アイドルRio直伝!魔法のSEXテクニック


おしりフェチがアナルフェチに

おしりフェチがアナルフェチに

おしりフェチの俺は、バックでヤるのが大好きだ。


騎乗位で俺の上に伏せさせて、おしりを
撫でまわしながらヤるのもイイが、
よつんばいがつぶれたようなかっこうで、
おしりだけ突き出させるっていうのが一番萌える。


ナンパで知り合ったアサミは、俺が今まで
出会った中でナンバーワンの美尻の持ち主だ。


大きさ、やわらかさ、形、肌の色、全てがパーフェクトな美尻で、
はじめてのセックスではおしりばかりなでたり、舐めたりして、どん引きされた。


アサミのおしりは一日中さわっていてもながめていても、
本当に飽きないすばらしい美尻なのだけれど、
本人にはイマイチその感動を理解してもらえない。


アサミとのセックスを重ねるうちに、俺には
贅沢な欲望が芽生えてしまった。

究極の美尻の持ち主であるアサミとのアナルセックスだ。
もちろん、アナルセックス未経験のアサミには拒まれた。


でも、絶対に痛くしないと粘り強い説得を続けて、どうにか
アナルセックスへの興味をもたせることができた。


それからというもの、アサミとのセックスは
ますます悦びに満ちたものになった。


アナルの拡張という名目の元に、
おしりをいじり放題に愛撫できるのだ。


おっぱいやおまんこへの愛撫も入念に行ったが、
なんといっても、アサミのおしりを開発できると
いうのが何よりも嬉しかった。


まるで花のつぼみのように美しいアサミのアナルに
キスして、舌で舐めて、少しずつ拡げていく間、
俺の両手は常にアサミのおしりをなでているのだ。


アナルの中に舌をすぼめて入れることも、ローション
まみれにした指を本当に慎重に挿入することも、俺をすごく興奮させた。


アサミもまんざらイヤではないようで、俺がアナルを開発すると、
おまんこが愛液でたいへんなことになり、おまんこの具合が
どんどんよくなった。


人差し指を入れるだけでいっぱいだったアサミのアナルが次第に
拡がっていき、受け入れられるバイブの大きさが俺のちんぽより
太くなったところで、いよいよアナルセックスすることにした。


コンドームをつけたちんぽをローションでぬるぬるにして、
バイブで十分にほぐしたアナルにゆっくりと挿入する。
おまんことは比べ物にならないほどキツい。


挿入する俺もかなり苦しくて、根元まで入れ終わったときには、
すっかり息があがってしまっていた。


ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられ、ちんぽ全体が
腸壁でぴったりと覆われている。


アナルにちんぽを挿入して、おしりをなでていると、
今まで感じたことのないほどの至福感に包まれた。
少しちんぽを動かすだけで、腰がしびれるほどの快感が突き抜ける。


ていねいなアナル開発がよかったのか、アサミにアナルセックスの
適性があったのか、アサミもかなり感じていて、ほっとした。


いつまでもアナルにちんぽを入れていたかったが、
アサミをイかせるために、俺は魅惑のおしりから手を離し、
アサミのおまんことクリトリスを指でいじり始めた。
ちんぽが喰いちぎられそうにアナルがしまりまくる。


アサミがイくときのしまりといったら、アナルからちんぽが
抜けなくなるんじゃないかと思うくらいだった。


初のアナルセックスに成功した俺は、それから、おまんこと
アナルに一回ずつ射精するようになった。


アナルセックスのときはおしりだけに集中できるように、
おまんこにはバイブを入れ、クリトリスには専用ローターを
つけることにした。


アサミも次第にアナルセックスの悦びに目覚めていき、おまんこに
ちんぽを挿入するときにも、アナルにバイブを入れてほしがるようになった。


アナルセックスのとりこになるにつれ、俺とアサミの関係は
深くなっていき、アサミは俺に従順になった。


ある日、アナルセックスに興奮しすぎた俺は、
アサミの美尻を平手でぶってしまった。


ぶったときの振動がアナルに挿入したちんぽに響いて、
ほんのりと赤く色づくおしりがたまらなく愛おしかった。


いつもよりお互いに興奮したアナルセックスが終わった後、
赤くはれたおしりに舌をはわせるのも、なんともたまらなかった。


鞭でぶって美尻を傷つけるようなことには興味がなかったが、
平手でぶつという行為は麻薬のように俺をとりこにして、
俺はアナルセックスのたびに、アサミの美尻をぶっていた。


洗濯ばさみで乳首をはさみ、クリトリスにローター、おまんこに
バイブを咥えこむと、アサミのアナルはぱくぱくとちんぽをねだるようにひくつく。


ローションで濡らした指でアナルをえぐるようにほじりながら、
おまんこに挿入したバイブを出し入れして、感じまくったアサミが絶頂を迎えると、


「淫乱!許可なくイくなんて、はしたないコだ!」


とののしりながら、美尻を平手でぶつ。


愛撫しているときに、アサミが体を震わせながら、


「イきそうです・・・もうイってしまいます・・・。」


と許可を求めても、


「ダメだ。まだイくな。我慢しろ!」


といいながら、さらに強く手を動かす。


おしりが赤くなるくらい平手でぶって、ローションまみれのアナルに
アナルパールを埋め込んでいると、アサミは物足りない刺激に体をよじる。


「アナルにちんぽを入れてください。」


とアサミが懇願するまでじらしにじらしてからする
アナルセックスは、最高としかいいようがない。
顔は全く好みではないアサミだが、最近は結婚してもいいかなと思っている。


奴隷契約所 完全無料SM専出会い
淫乱SとMのための奴隷契約所・SM専門無料コミュニティ登場。
マニアなお友達・パートナー探しも無料だから初心者の方だって安心!!

出会いの方法・攻略、、すべて暴露中♪

アナル強制開発・・・3

うつぶせにされて、お尻だけを高く突き上げたかっこうの静は
気持ちよさにお尻を左右に振る。
猿ぐつわをとっても、その口から出てくるのはあえぎ声だけだった。
アナルから細めのバイブを抜くと、もっと太いバイブを入れてやる。
アナルの中でバイブが左右に首を振るたびに、静の嬌声が響く。


「あ・・・はあ・・・やだぁ・・・。」


「アナルが感じる淫乱だって、教えてくれたら、
ちゃんとアナルを中心に攻めてあげたのに。」


「ちが・・・うん・・・あっ・・・。」


「素直にほしいっていわないと、やめちゃうよ?」


俺がバイブをアナルから抜くと、お尻を高くあげた体制のまま、
静は物足りなげに俺をみつめる。


「ちゃんとおねだりできないと、朝までそのままだよ?」


誘淫剤がきいている静は中途半端な状態で放置されている
この状態に耐えられなかったらしい。


「お・・・ねがい・・・イかせてぇ・・・。」


「俺、バカだから、静がどうしたらイけるか、わかんないや。教えてくれない?」


空々しくとぼけてみせると、うつむいた静は、


「アナタのペニスを私のアソコに入れて・・・。」


と小声でいった。
俺は静を押し倒すと、ローションまみれにした
ペニスをアナルに入れた。


「いや・・・そこは違う・・・。」


「でも、ひくひくして、歓迎してくれてるぜ。」


じわじわと奥まで入れ込み、また引き抜く。
何度も繰り返すうちに、静もよくなってきたらしい。


「やだぁ・・・ヘンな感じ・・・はあ・・・あん・・・。」


激しい抽送を繰り返しているうちに、静の腸壁が
きゅうっとしまり、静がイったのがわかった。


「イったか?」


ときくと、こくこくとうなづく。
俺はさらに激しくピストン運動をして、
静のアナルに精液を吐き出した。
こうして、俺の復讐は完遂されたのだった。


アナル強制開発・・・1へ

アナル強制開発・・・2へ




こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


いややっぱエロ動画でしょ。。エロエロ動画サイトの比較・検証ならここ



close