無料
エロ
動画

官能小説・体験談特集

官能小説のような出会いの経験はありますか?小説のような出来事・出会いすぐそばにもあるかもしれません。何でもありの投稿サイト

売られたロリパイパン娘

売られたロリパイパン娘

お兄ちゃんの手で、今日もパイパンにされた私は、
白いシンプルなブラジャーとパンティを身につけて、
野暮ったい感じのブラウスとスカートを着た。


異常なくらい童顔の私は、ハタチをすぎているのに、
全然そんな風にみえない。


中学生の制服を着れば中学生、高校生の制服を
着れば高校生で通ってしまうくらい、ロリコン
受けする容姿をしていた。


お兄ちゃんは私をロリコンの上司に差し出して、
出世しようと思っているらしくて、より幼く
みせるために、私をパイパンにして、中学生と偽っている。


最初は、睡眠薬を飲まされて、寝ているうちに、
初対面のおじさんに犯されていた。
私が処女だった分、上司はすごく喜んだらしい。


今度は意識のある私とヤりたいとねだられて、
お兄ちゃんは私に体を売らせた。


朝起きてみたら、おまんこはパイパンになっているし、
股に何かはさまってるみたいな感触はあるしで、
自分の体の異常には気づいていたけど。


まさかお兄ちゃんが他の男にレイプさせていたとは
思いもしなくて、すごくショックだった。


でも、結局、お兄ちゃんに説得されて、私は好きでも
ないおじさんとセックスしている。


小さな頃からずっと一人でお兄ちゃんが私を
育ててくれたから、そのお兄ちゃんが望むのなら、
このくらい仕方ないと思う。


ロリコンのおじさんに売られるくらいなら、
お兄ちゃんと近親相姦する方がずっとよかったけど、
お兄ちゃんは私のことを商品としかみてないらしい。


おじさんに会う前に、私のおまんこの毛を剃って、
パイパンにしてくれるときにも、いやらしい雰囲気は
一切なかった。


ただ、私の身だしなみを整えているだけ・・・。


お兄ちゃんにとっては、私のような童顔の
幼児体型は女ではないのかもしれない。


ロリコンのおじさんに引き渡されると、
私はいつも中学生を演じた。


ウブで何も知らない従順な少女のフリをして、
恥じらいながら、おじさんのいう通りにする。


ラブホテルに連れ込まれることもあったけど、
たいていはおじさんの高級車の中でセックス
するのがほとんど。


ラブホテルに私のような幼いようにみえる女と
出入りするリスクを避けるためだと思う。


もし、私が本当に中学生なら、捕まったら
ただではすまないわけだし。


車のシートに私を押し倒すと、おじさんは
パイパンおまんこをしつこいくらい、ねちっこくクンニする。


よだれでぐちょぐちょになっているのに、私が愛液で
おまんこを濡らしたんだと勘違いして、勝手に興奮してくれる。


正直、おじさんとのセックスは痛いし、気持ち悪いし、
早く終わってくれないかなとそればかりを考えていた。
でも、私のお兄ちゃんは、本当に悪魔のような人で。
ある日、ロリコンのおじさんに引き渡す前に、


「あのおじさんを俺だと思って抱かれてごらん。」


って私の耳元で囁いた。


目を閉じて、おじさんの手と舌をお兄ちゃんのものだと
想像するだけで、私はびっくりするくらい感じてしまって。


はじめて演技じゃないあえぎ声が漏れて、
おまんこが本当に濡れ濡れになっていた。


おじさんは私の反応に大喜びで、さらに愛撫を
激しくして、私は初めて、セックスでイくって
いうことを知ることになり・・・。


それからはもう、セックスなしじゃいられない体になってしまった。


今では勃起したちんぽをフェラチオして、口内発射された
精液を飲むのも、自分から進んでしてしまう。


たっぷりと濡れたおまんこを掻き分けるように挿入されるちんぽも、
それがお兄ちゃんのちんぽだってイメージするだけで、私を悦びで満たしてくれる。

足りないものを埋めてくれる愛情表現みたいな錯覚。

おまんこいっぱいに埋められたちんぽを動かされて、
膣壁をこすられるだけで沸き起こる快感。


もっと・・・もっとって、さらに強くて激しい刺激がほしくなって、
気持ちよさの絶頂を駆け上った後、すうっと潮が引くみたいに冷静になる。


私のおまんこに入っているのは、お兄ちゃんのちんぽじゃないって。
薄汚いロリコンのおじさんに、好きなように弄ばれていただけだ
っていう現実が、私を絶望させる。


でも、セックスは本当に気持ちよくて、二週間くらい間が
空いてしまうと、体が疼いてたまらなくなる。


こっそりとオナニーすることもあるけど、指を使った
オナニーくらいじゃ、全然、もやもやは解消できない。


せめて、こんな時、お兄ちゃんが私とセックスしてくれるのなら、
誰にだって喜んで抱かれるのに。
お兄ちゃんは私をパイパンにする時しか、私に触れない。


すっかり淫らになってしまった私の体は、お兄ちゃんが私を
パイパンにする時のわずかな刺激にさえ、感じてしまう。


おまんこにシェービングクリームを塗って、カミソリで
陰毛を剃って、お湯で流すっていうだけの作業だけど。
きれいなパイパンにするためには、指でおまんこを引っぱったりするから。


それに、お兄ちゃんが私のおまんこをみてるっていうだけで、
ぞくぞくするほど興奮してしまう。
私がどんなにおまんこを濡らしても、どうせお兄ちゃんは、
何もなかったみたいにお湯で流してしまうけど。
私のお兄ちゃんへの欲望は、ちょっとずつ確実に溜まっていく。

出会い探し疲れた方は近所で簡単大人の関係


コスプレ巫女セックス・・・2

マキの愛液のニオイと湿り気が鼻から伝わり、ペニスにエネルギーを充填する。
俺は乱暴にパンティを脱がせて、ベットの下に放った。
ぐいっと両足を大きく開くと、マキの両手がアソコをかくす。
白い着物の袖がいつものマキじゃないみたいで、とてもいい。
マキの指のすきまから、ちろちろとアソコを舐めると、押さえている
マキの指のガードはどんどんゆるくなる。


アナルを舐めたり、アナル側からクリトリス側にじわじわと舐めすすめ
ていくと、マキの手からは力が抜けてしまった。


「はい、足を持っててね。」


マキの手をマキのヒザの下において支えさせると、まるで自分から
アソコを見せびらかせている淫乱な巫女みたいにみえる。
俺はがらあきになったアソコをべろべろとアナルからクリトリスまで
ゆっくりと舐め上げ、ちゅっとクリトリスをしゃぶった。


両手でアソコをひろげて、中の方まで舌を入れると、マキの太ももが快楽でふるえた。


「ああ・・・はあ・・・。」


指の腹を上にして、中指を挿入すると、マキの中はきゅっとしまった。
あまりしめつけられると動きづらいので、舌でクリトリスをぺろぺろと舐める。


「あん・・・ああ・・・。」


奥まで入れた中指をまた入り口付近まで引き出し、また奥に入れて、愛液をかきだす。
くちゅくちゅとアソコがいやらしい音を立て始めたところで、人差し指も
追加し、アソコの奥で指を回したり、指先だけ動かしたりして、マキのアソコをひろげる。


「んん・・・やあん・・・。」


マキのアソコの最奥で指をバイブのように小刻みにふるわせ、クリトリスを
ちゅうっと吸うと、マキのアソコがぎゅうと俺の指をしめつけ、マキがのけぞった。


「イっちゃったの?」


マキにきくと、恥ずかしそうに小声でこたえる。


「うん・・・。気持ちよかったの・・・。」


「もう入れてもいいかな?」


はちきれんばかりのペニスでワレメをなぞると、


「入れて・・・。」


とマキがささやくので、ぐぐっとペニスを膣口から奥へ進めた。
慣らしが足りなかったのか、アソコをめりめりという押し広げている
感じがいつもより強かった。


「痛くない?」


「・・・大丈夫。」


口調からしてガマンしているっぽかったので、侵入を中止し、
ペニスを入れかけたまま、クリトリスを指で愛撫した。


「ん・・・あっ・・・。」


力が抜けたところをみはからって、ペニスをじわじわと
アソコの奥へ押していく。


「ふ・・・ああ・・・。」


ようやく全部を入れ終え、中のわななきをペニスで味わう。
ペニスを入れたまま、マキの足を顔の横につくかと思うくらいにもちあげる。
白い足袋とはだけた白い着物からむきだしになっている大きなおっぱいが
俺のペニスをさらに硬くする。


「ああっ・・・んん・・・。」


足の位置を変えたことでペニスがいいところにあたったらしく、マキがあえぎ声をもらす。
ぐっぐっと腰を打ち付けて、奥へもっと奥へとペニスを届かせようと押し込む。


「ああん・・・気持ちいいよぉ・・・。」


じりじりと引き抜き、じれったくなるほどののんびりとした速度でまた中に入れる。
引き抜かれるときには引き止めるように絡みつくマキの秘肉は、押し込むときには
受け入れるように抵抗をなくす。


「すごい・・・もうイきそう。」


「イっていいよ。」


そういいながら、小刻みのピストン運動を繰り返し、マキの絶頂とともに、
俺も精を放出したのだった。


コスプレ巫女セックス・・・1へ



こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


いややっぱエロ動画でしょ。。エロエロ動画サイトの比較・検証ならここ



コスプレ巫女セックス・・・1

巫女コスプレっていうと、かなりマニアックな
ようだが、巫女姿の女性をキライだという男性はまずいないだろう。





巫女の神聖で冒しがたい姿をあえて犯すっていうタブー感がたまらない。
今、目の前にいるマキは、豊満なおっぱいを白い着物に包み、赤い袴をつけている。
足にはもちろん、白い足袋だ。

背中まである黒い髪は、巫女姿にぴったりとあっていて、色白の顔に赤い口紅が唇を彩っている。


「し、写真撮っていい?」


「誰にもみせないなら、いいよ。」


マキは頬を染めながら、デジカメの前で微笑んだ。
友達にみせて自慢したいという気持ちと、俺だけのものとして
隠しておきたいという気持ちが同じくらいふくらんだ。
ついでにいうなら、俺の股間もとっくにふくらんでいる。


和風の美人のマキにいつかは巫女コスプレをしてほしいと
願っていたが、バレンタインのオプションとしてその願いは叶えられた。


「すごいかわいいよ!」


興奮気味の俺に、マキはちょっととまどっている。


「そ、そう・・・?喜んでもらえたのなら、嬉しいけど・・・。」


「嬉しい、嬉しい!」


マキをぎゅっと抱きしめ、赤い唇に吸い付く。

ちゅく・・・くちゅ・・・。

舌を絡めて、ちゅっと吸う。
ちろちろと歯の裏や歯の並びを舌でなぞる。
マキの口から飲み込みきれなかったよだれがあふれ出す頃には、
マキの体は力が抜けて、ぐにゃぐにゃになっていた。


後ろからマキにくっつき、脇のスリットが入っている部分から、
手をさしこんで、たわわな生乳をつかむ。


「あっ・・・。」


「けっこう和服っていやらしいよね。」


耳元でささやきながら、おっぱいの感触を手で味わう。
すぐに立ち上がる乳首を指でつまむと、マキの呼吸が荒くなってきた。


「はあ・・立ってるの・・・つらい・・・よ・・・。」


名残惜しいおっぱいから手をはなし、マキをベットに押し倒した。
着物の合わせ目をぐいっと押し開くと、ぽろんとおっぱいが飛び出す。
ピンク色のかわいらしい乳首にしゃぶりつき、ちゅるちゅると
吸いながら、赤い袴の上からアソコをなぞる。


「んん・・・ああ・・・あん・・・。」


おっぱいは愛撫しやすいが、袴の上からだと、下半身は愛撫しづらい。
もったいないが、赤い袴は脱がすことにした。
結ばれていた紐をほどき、ゆっくりと袴を足から抜く。
前のはだけた白い着物と白い足袋だけでも、かなりいやらしくて、俺は興奮した。
白いパンティの上から鼻をおしつけ、ぐりぐりと縦に動かす。


「や・・・くすぐったいよ・・・。」


コスプレ巫女セックス・・・2へ   つづく


こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


いややっぱエロ動画でしょ。。エロエロ動画サイトの比較・検証ならここ

ネコ耳プレイはいかが??・・・3

「にゃ・・・にゃあん・・・ああん・・・。」


濡れて愛液がたれながされているアソコに中指を入れると、
簡単に飲み込んでいき、根元までずっぷりと咥えこんだ。
指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。


「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」


ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで
軽く引っかくようにすると、アミはのけぞって、アソコをキツくしめつけた。


「イっちゃったのかにゃ?」


アミの真っ赤になった顔をみると、こくこくとうなずいた。


「下のお口にミルクをあげる前に、上のお口にあげようかな?」


アミの唇に先走りのこぼれるペニスを押し付けると、
アミは舌を出してペロペロと舐めはじめた。
手は猫足手袋をしているので、使えない。
口に咥えては、舌を一生懸命からませている。
俺は自分の手でサオをしごきながら、アミのはしたない姿をながめた。


「ミルク、いくよー。」


どぴゅっと飛び出した俺のミルクはアミの口からはずれ、
顔にかかってしまった。
顔射した俺はあわてて、アミにキスをしてごまかした。
自分の精液の青臭いニオイが気持ち悪いが、顔射を
ごまかすためにはしかたがない。
ちゅくちゅくと舌をからめて、顔に飛び散った精液も舌で舐めとった。
とろんとした目のアミはどうやら顔射を怒っていないようでほっとした。
ついでに、乳首をちゅばちゅばと吸い、れろれろと舌で舐めまわした。


「にゃ・・・にゃあ・・・。」


アミが猫足手袋をはめた両手で俺の頭を押さえる。
ペニスが回復したところで、ベットに腰かけ、アミに声をかけた。


「自分でミルクをもらいにおいで。」


アミはのろのろと立ち上がり、俺のひざの上にまたがると、
腰を上げて、アソコに俺のペニスを飲み込みはじめた。
ぐぷっとアミのアソコが俺のペニスを包み込むと、アミのアソコの
気持ちよさのほかに、アナルに入ったバイブの振動が俺のペニスを愛撫した。
俺は夢中で腰を振り、アミのアソコの最奥に、二回目でちょっと
薄くなったミルクを注ぎ込んだのだった。。


ネコ耳プレイはいかが??・・・1へ

ネコ耳プレイはいかが??・・・2へ



出会い系で出会いまでの道のりを知りたい方はこちら

こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。

いややっぱエロ動画でしょ。。エロエロ動画サイトの比較・検証ならここ

ネコ耳プレイはいかが??・・・2

「いや、いや・・・。」


アミは首をふっているが、猫耳、猫手袋に猫靴下姿で、
よつんばいになって、首を振っている姿はこのまま、
つっこんでしまいたくなるくらいかわいい。


ぐちゅっとたっぷりお尻の穴にローションをそそぎこみ、
同じくローションをたらしたバイブつき猫の尻尾をアミに入れていく。
細いバイブはアミのお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。
根元まですっぽりと咥えこむと、本当にお尻から尻尾が
生えているかのようになった。


「尻尾ができたよ。すっごいかわいい。」


目の端に涙を浮かべているアミの顔を覗き込んで、猫耳の
ヘアバンドをした頭をなでると、アミはきっと僕をにらみ、


「しらない!」


と怒りをあらわにした。


「ごめん。スイッチを入れ忘れてたね。」


お尻に入ったバイブのスイッチを入れる
アミはのけぞり、驚いた表情になった。


「や・・・やだ・・・止めて・・・。」


よつんばいになって、お尻をつきだし、ふるふると
震えている猫耳姿のアミはぞくぞくするほどかわいい。


「猫なんだから、にゃあって鳴かないと?」


手を伸ばして、両方の乳首を指でぎゅっとつまむと、目を見開いたアミが、


「に、にゃあ。」


と鳴いた。


「そうそう。」


乳首をつまんだまま、指の腹でこすると、


「に、に、にゃあ・・・あん・・・。」


とあえぐ。
俺はアミを仰向けにして、アナルに刺さった尻尾バイブを
ずぼずぼと動かした。


「にゃあん・・・いにゃあ・・・。」


一番奥に入れたところで、手をとめ、愛液があふれ出している
アソコをちろちろと猫がミルクを舐めるようにていねいに舐めた。


「あ・・・にゃ・・・あああ・・・なん・・・。」


奥の方まで舌を差し込み、れろれろと舐めながら、
クリトリスを指でいじると、鳴き声はいっそう激しくなった。


ネコ耳プレイはいかが??・・・3へ
   つづく


出会い系で出会いまでの道のりを知りたい方はこちら

close