無料
エロ
動画

官能小説・体験談特集

官能小説のような出会いの経験はありますか?小説のような出来事・出会いすぐそばにもあるかもしれません。何でもありの投稿サイト

ローションを入浴剤と間違えた私

テーブルの上に、入浴剤のような楕円形の透明な
カプセルがあったので、私は思わず、手に取った。


「それ、使いたいの?」


「うん。いいの?」


入浴剤だと思っていた私は、ススムの質問に素直に頷いた。


「使ってやるから、服、脱げよ。」


お風呂に入るときは確かに服を脱ぐけど、なんでここで?と戸惑った。


「ローション、使いたいんだろ?」


にやりと意地悪そうに笑っているススムは、私にわざと勘違いさせたみたいだ。


「ローションなんだ・・・。やっぱり、使わなくていい・・・。」


「使いたいっていっただろ。」


慌てて前言撤回しても、ススムは強引に私を
ソファーに押し倒してくる。
パンティを抜き取られたところで、私は覚悟を決めた。
ローションを入浴剤と間違えた私も悪いし・・・。


ススムはおとなしくなった私のおまんこに、
ローションのカプセルを挿入した。


ローションのカプセルは、体温で溶けて、
とろとろとおまんこの奥からたれてくる。
まるでローションが自分の愛液みたいで、ちょっと恥ずかしくなった。


「このローションは、おまんこより、アナルに使うとベンリなんだよ。」


おまんこからあふれたローションがアナルまで伝ったのを
確認するように、ススムの指がアナルを撫で回した。
ぐぐっとローションのカプセルがアナルに押し込まれる。


「さすがにおまんこよりは入れづらいな。」


ぐいぐいとローションのカプセルがアナルの中に入ってくる。
異物感が気持ち悪くて、ぶわっと鳥肌が立った。
腸壁で溶かされたカプセルが、突然、ぷつんと弾けた。
ローションがあふれ出して、アナルからにじみ出てくる。


「ひどいよ・・・なんか・・・気持ち悪い・・・。」


普段は排泄にしか使わないアナルをローションで
ぬるぬるにされて、すぐにでも洗いたい気持ちでいっぱいになる。


「ローションで濡らさないと、指を入れられないだろ。」


ススムの中指がローションのすべりをかりて、ゆっくりとアナルに入ってきた。
とんでもない異物感に、体が勝手にぶるぶると震える。


「いや・・・やめて・・・お願いだから・・・。」


私が懇願すると、ようやくススムの指はじりじりと抜かれていった。


あれ・・・なんか・・・ヘンな感じ・・・?


そのまま、出て行くものだと思っていたススムの指は、
ギリギリのところまで抜かれると、また奥に入ってくる。


「やだっ・・・抜いてよぉっ・・・。」


私の叫びを無視して、ススムは私のアナルの中の指を動かし続ける。
にゅちっにゅちっという音が響いて、頭がだんだんぼんやりしてきた。


私・・・アナルをいじられて、感じちゃってる!?


最初はあんなに気持ち悪かったのに、慣れてくるにつれて、
アナルの中で指を動かされるのが、気持ちよくなってきてしまった。


ちょっと排泄のときの快感にも似た奇妙な感じの気持ちよさで、
恥ずかしいけど興奮してくる。


「アナルでも感じられるようになってきたみたいだな。」


ススムは指を二本に増やして、さらに私のアナルを拡げるように、
ぐりぐりと動かしてきて。


時々、気を逸らさせるようにクリトリスとかおまんこを
いじってくるのがまた気持ちよくて、私はすっかりされるがまま・・・。


「もっと気持ちよくなれるおもちゃがあるんだ。」


丸い玉が繋がったおもちゃを取り出すと、ススムはそれをおまんこに
押し込んで、ローションと愛液でどろどろにした後、アナルにねじこんだ。


おまんこから一つ玉を取り出しては、そのままアナルに押し込んで、
おまんこからアナルに玉が移動するたびに、下半身が痺れるように
じんじんして、私はあられもなくあえぎ続けた。


最後の玉がおまんこからアナルに移動すると、今度は一つずつ
ゆっくりと、じれったいくらいゆっくりと玉を抜かれて・・・。


アナルのすぼまりのところを玉が通り抜けるたびに、
ぞくっとする快感が走って、気持ちよくてたまらなかった。


ススムは私のアナルに何度も玉を出し入れして、すっかり私の
アナルをほぐすと、今度はバイブをハメてきた。


細いバイブがアナルをいっぱいにしてて、中でうねうね
くねっているのが、すごく気持ちいい。


もしかして、このままアナルセックスしちゃうのかなと思ったら、
ススムはアナルにバイブを入れたまま、おまんこにちんぽを入れてきた。
信じられないくらい気持ちよくて、ちかちかと白い火花が飛んでいるような気がしてくる。


「ああっ・・・あーっ・・・あひっ・・・やだっ・・・あうんっ・・・イくぅっ・・・イくのっ!」


ススムにしがみついて、あえぎ続けていると、ススムが耳元で、


「次はアナルセックスするからな。」


とささやいてきた。


バイブでこんなに気持ちいいんだから、きっと
アナルセックスはもっと気持ちいいんだろうな。


そう思うと、おまんこが期待でひくひくと収縮して、
ススムのちんぽを射精へと追いやった。


イきまくっていた私は、足ががくがくして立てなくなって、お風呂まで
お姫様抱っこで連れて行ってもらって、ローションをきれいに洗われた。
最初はちょっと怖かったけど、後でこんなに優しくしてもらえるなら、けっこういいかも。
なんだかんだで、すごく気持ちよかったし・・・。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

close